ベストアシストの税務署への提出

会社設立をした後にもまだまだやることはあります。税務署、都税事務所又は県税事所(東京23区以外で設立した方は市町村)への各種届出。
そんなニーズにも私たちではサポートさせていただきます。
まずはご相談下さい。専門家が的確なアドバイスをいたします。

税務署への手続き

届出書類と提出期限

  • 法人設立届出書(「定款の写し」「登記簿謄本」)
    ・・・設立日から2ヶ月以内
  • 青色申告の承認申請書※1
    ・・・設立日から3ヶ月以内
  • 給与支払い事務所等の開設届出書
    ・・・設立日から1ヶ月以内
  • 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書※2
    ・・・会社設立後速やかに
 
※1 青色申告を提出すると・・・
その年の事業年度が赤字だった場合、その赤字を翌期に繰り越せます。
例)第1期の決算が50万円の赤字だった場合、第2期の利益が100万円だったときでも前期の赤字50万円を差し引いて利益は50万円で申告できます。会社設立したら必ず出しておいたほうが良い書類です。
 
※2 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
この書類を提出しておくと毎月の給与にかかる源泉税の支払いを年2回、まとめて支払えば良くなります。(通常は給与を支払った月の翌月の10日に支払います)
従って給料を支払って、毎月10日に源泉税を支払うという手間が省けます。
ちなみに年2回の支払月は毎年7月10日と翌年の1月10日(源泉税の支払いの滞納が無ければ20日)となります。
フリーダイアル 0120-281-210お問い合わせフォーム

お申し込みはこちらから